深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越後妻有民俗泊物館の準備

越後妻有大地の芸術祭のリサーチのため、今回は長めに一週間滞在しておりました。(芸術祭は7月からです)
僕のプロジェクトのタイトルは
「越後妻有民俗泊物館 echigo-tsumari homestay museum」
略して民泊(みんぱく)

中心市街地に新たにできる施設の2階で基本展示が行われるのですが、
街なかを中心と捉えるのではなく、里山それぞれのお宅を中心と捉え、
そこに民泊をさせてもらいながら調査し、その家のものや、エピソードをお借りし、保存していくことで市街地の泊物館を充実させていくというものです。

おそらく5月以降には民泊の募集をするので、もし条件が合致する方がいましたらご応募してみてください。
また泊物館を一緒に準備、運営する人も募集しておりますので
(多分基本ボランティアだったと思います、すいません。)
よかったらおっしゃってください、試しのトライアル民泊を4月以降ポツポツとしていきたいと思います。

今回はなんか気負ってしまっているのか(汗)
最終的なアウトプットがまだまだ全然まとまらないのですが、
もういつもどおりやりながらずっと考え続けるしかないですねー。
スタッフの方々には迷惑おかけします。。

それぞれのお宅には、当たり前だけど本当にいろいろなエピソードや知恵がたくさんあって、それはもう記憶の中だけでなくなってしまったもの、なくなったけど復活させようとしているもの、土地との暮らしと密接につながっているもの、過酷な豪雪地帯で生きのびる知恵、抜群においしい保存食、極私的な物語、様々な災害、時代に翻弄されたもの、近代化で消えゆくもの、家族とのこと。
そうしたものごとをどう資料としてどう保存していくかその方法をいろいろ模索していく場所になるのかなー。
住んでいる方にとってもなにかしら還元できることも考えていきたいです。


写真は最終滞在日にお邪魔したお宅で、なんと個人所有の縄文土器を床の間に飾って花器にしている80代の方です!お昼もご馳走になってしまいました、多謝!!!!

10357727_797553743655809_1287823375290087980_o.jpg





スポンサーサイト

photogound ウェブサイト

photogroundのタンブラーサイトが充実してきました。

http://photoground.tumblr.com

6.27 大森さんと歩こう

かがやきキラキラ仕事館2ndシーズン
「大森さんと歩こう」 
スクリーンショット(2011-07

広い体育館の中の小さなサークルの中で音楽に合わせてひたすらまわり続けて楽しかったぞ

仕事館は とりあえず今週土曜日まで~

kagayaki.jpg

浜松にある通所施設「かがやき」で新しい仕事を考えて見せる「かがやきキラキラ仕事館」は、とりあえず今週土曜日まで

自分の仕事って、なんだろうな~とか考えながら人の仕事についていろいろ考えています。
よく言うと「しゅごキャラ」のあむちゃんみたいに。。。
ぜひ遊びにきてください~。

http://park12.wakwak.com/~hattatsu/contents/sirase/sirase.html

かがやきキラキラ仕事館 改訂版

前回のブログの情報が間違ったところがあったので、訂正です~
111.jpg

僕が、障害者の通所施設の「超施設長」に勝手に就任して、施設と利用者のためにいろいろはたらいています。
今回の展示は、100%かがやきのための展示です。是非みなさんおこしください。


かがやき はじめる アートプロジェクト
かがやきキラキラ仕事館

2011年3月1日(火) ー3月26日(土)
場所 浜松市発達医療総合福祉センター アーケード
開館時間 9:00ー17:00 
休館日 日曜日 3月21日(月・祝日)


住所:〒434-0023 静岡県浜松市浜北区高薗775-1 TEL:053-586-8805/Fax 053-586-7909
http://part12.wakwak.com/~hattatsu/contents/tuen/kagayaki.html
主催:浜松市社会福祉事業団 浜松市発達医療総合福祉センター(はままつ友愛のさと) 
生活介護•就労継続支援施設「かがやき」  
協力:月見の里学遊館

かがやきキラキラ仕事館は、かがやきの新しい仕事をつくって、紹介するところです。

かがやきキラキラ仕事館 期間限定オープン!

かがやきキラキラ仕事館は、障がいのある方の通所施設「かがやき」で生まれた新しい「仕事」を紹介すること、また新しい仕事を更新していくことを目的としてつくられた「かがやき」の別館です。ここで紹介する仕事は、お金になるもの、ならないもの、みんなの役にたつもの、一人のためにだけなるもの、やりたくないこと、ついついやってしまうことなどさまざま。経済社会に生きる私たちが自分たちのためにつくったさまざまな仕事のしくみに板挟みになる中で、一般的な仕事の価値観でははかれない障がいのある方がたくさんいる施設だからこそ提案できる仕事を考えていきます。

超施設長のことば

こんにちは。このたび「かがやき」超施設長に就任した深澤孝史です。
超施設長の仕事について説明すると、かがやきの理念を勝手に考えて、その理念のもと勝手に仕事を考えて勝手にいろいろすすめる人です。僕が勝手に掲げる理念とは下記の3つです。
 
「かがやき」は仕事をつくる仕事をする施設
「かがやき」は仕事について考える施設
「かがやき」は仕事をみせる施設
 
また、超施設長の特徴としましては、ころころ話がかわる、施設運営についてはよくわかっていない、偉くない、職員たちに怒られる等があげられます。まずは超施設長として、かがやきキラキラ仕事館を立ち上げ、みんなが自然とやっちゃうことを仕事ととらえたり、それに対応したりしながら、アイデアを膨らませていきたいと考えています。


生活介護・就労継続支援施設「かがやき」
「かがやき」は在宅の障がいのある方に対して、利用者の人格を尊重し一人ひとりが自立した日常生活を営むことが出来るように支援することを目的に、平成4年7月より開所され、平成19年4月より障害者自立支援法に基づき、生活介護事業と就労継続支援事業をおこなっています。

「かがやき はじめる アートプロジェクト」について
このプロジェクトは浜松市発達医療総合福祉センター2010年企画案コンペで選出されました。浜松市発達医療総合福祉センターは障がいをもつ子どもの診療•療育•通園と成人の通所および相談支援部門からなる複合施設です。子どもとおとなが行き交う施設の中で「おとなになった障がいをもつ人たちはすてきに暮らしているか」「その姿は今子育て中の家族の希望になるのか」という問い直しから、このプロジェクトは始まっています。障がいをもつ人をいわゆる“健常者”にひたすら近づけようとするのではなく、障がいをもつ人が放つ新しい可能性に私たちがいかに気づくことができるのか。必要なのは私たち職員の既成概念や方法論を打ち壊すことだと考え、センター内の障がいのある方の通所施設「かがやき」に深澤孝史氏を招聘しました。深澤孝史氏はさまざまな現場で、見過ごされているものにまわりの人たちが気づくためのしくみづくりを行うアーティストです。新しい風を呼び込み「かがやき」の日常を新たな視点で見つめ直すこと、そしてそこにある新しい価値を施設の内から外へ問いながら具現化していくこと、これが「かがやきはじめるアートプロジェクト」のめざすところです。

同時開催イベント
かくれんぼinかがやき
3月19日(土)10:30~12:00 参加費:無料
かくれんぼリーダー:池川貴子(かがやき支援員)
だれもいない「かがやき」の中でかくれんぼをしよう。鬼があなたをみつけた瞬間をパチリ。かくれたい人、みつけてほしい人、探したい人、みんなあつまれ!
※デジカメやカメラ付携帯電話がある人はご持参ください。
※申込不要。直接おこしください。(問い合わせ先 かがやき053-586-8805)

かがやきキラキラ仕事会議
3月19日(土)14:00~16:00
議長:深澤孝史(超施設長) 参加費:無料 
「かがやき」の仕事と自分の仕事を組み合わせて新しい仕事を考えます。なにか新しいことを始めたい人、仕事を面白くしたい人、やりたいことがわからない人、みんなで考えましょう。
※申込不要。直接おこしください。(問い合わせ先 かがやき053-586-8805)

ぶっとびヒーロー映画工作会議 ~ヒーローのしごと、わるもののしごと~
3月26日(土)10:30~12:00
参加費:親子1組1000円(きょうだい2人以上は1500円)
おとなのみの参加は無料(材料費•保険•おやつ代込み)
ヒーロー映画をつくるため、ヒーローやわるものを思い思いに工作します。
0歳~おとなまでおもしろ好きな人どなたでもおこしください。
※はさみ、テープ、ボンドなど工作道具のある方はご持参ください。
※ 参加申込 buttobiart@yahoogroups.jpもしくは090-2187-8553(笹田:留守電)へ前日までにご連絡ください。
企画:ぶっとびアート http://buttobi.hamazo.tv/



超施設長プロフィール 
深澤孝史

美術家。1984年山梨県生まれ。2006年静岡大学教育学部卒業。2006年取手アートプロジェクト、野村誠プロデュース「あーだこーだけーだ」参加。2008年から2010年NPO法人クリエイティブサポートレッツ勤務。たけし文化センター企画、運営。2010年初個展「うんこふみふみたかふみ文化センター」。2010年より越後妻有大地の芸術祭「かまぼこアートセンター」参加。

Top|Next »

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。