深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨江別館2月29日 準備5日目

今日は明日が開場なので準備としては最後の日。
えつおがyokan stationをつくってそこから
ようかんの線路をのばしていった。
ようかん列車出発進行。
展示室には羊羹の木琴がありまして、線路の長さで木琴のたたく場所が決まっているらしく、線路を増設することで作曲できるらしい。
DSCN0840.jpg

プラン画も更新。
悦生が「生きたまま宇宙に行く」を描く。
DSCN0868.jpg


マクドナルドで悦生と出張人形会議。
10のほにゃらら人形をえつおが思いつく。

そういえば羊羹問答のDVDも完成。しんどかった・・・

本日の野外ギャラリー。
DSCN0845.jpg

スポンサーサイト

鴨江別館2月28日 準備4日目

この日はこれまでの羊羹問答をまとめたDVD制作に没頭。


プランの壁画も進行中。
悦生が「プレ家」を描く。
ブラ家(ブランコの家とブラジャーの家)
すべりだ家。
DSCN0815.jpg


あと「人形会議」をはじめる。
「人形会議」って何?と聞かれると「人形について考える会議」としか答えられない・・・
とにかく毎日、人形について考える場をつくった。
一回目の人形は「顔人形」「女体も理論」
「顔人形」はみたまんま。
おっきい顔に何人か入って表情をつくる?
DSCN0856.jpg


「女体も理論」は
裸体の女の子の上にたくさんスイーツをのっけて、そのスイーツを女の子に食べさせるプラン。女の子はカメラでずっと撮られてて、上にモニタが吊ってあって、女の子はリアルタイムでその様子を見続けなければならない。で最後に女体盛りに関する論文を提出(何処に?)。acdのメンバーのおしずのことを考えてたら、こんな事になっていった・・・
DSCN0855.jpg


そして、フリーペーパーを丸めたやつを命名。
「refree」ちゃん。
DSCN0786.jpg

リフリーちゃんでとりあえず長机の顔を作ってみるが・・・びみょ~

金メダル受賞者もぞくぞく。
DSCN0802.jpg

本日の野外ギャラリー
DSCN0826.jpg

鴨江別館2月27日 準備3日目

プランの壁画をすすめる。この日はかなり混沌。
DSCN0790.jpg

一郎太さんにつれられて、市役所で記者会見。
野村幸弘さん片岡由紀さんにはじめてあう。
DSCN0748.jpg

悦生が昨日の長机の動物プランが気に入らなくなって
ワニの長机をかく。
DSCN0737.jpg


悦生が金メダルをつくりはじめた。
悦生はこの期間中たくさんの人に金メダルを授与していくことになる。
その人の素敵なところを讃える金メダル。もらえた人はラッキーです。
まず、
僕の金メダルはdokido金メダル。
一郎太さんには、shouji金メダル。


本日の野外ギャラリー
DSCN0742.jpg


鴨江別館2月26日 準備2日目

午前10時に鴨江に到着。
今回の美術展のタイトルが「鴨江アート動物園」
だったので、とりあえず、鴨江別館の長机を動物にしていこう
と思い立ち、朝は材料の段ボールを求めて散歩。

そしてこの日から僕らの展示室の壁に鴨江での日々の日記をつけていこうと模造紙を貼ってみたけど、
日記という過去のことより、これからのプランを描いていった方がよいぞ!ということで、プランの壁画に自然と変更。
まず、は一昨日、川俣正展のワークショップで思いついた「シーソーハウス」に耐震強度0,35の鴨江別館を乗っけてみる。
悦生は長机の動物をおりにいれている。
そのあと木琴の動物をたたいて鳴かしているプランを描いていた。
DSCN0689.jpg


長机動物化計画、まとまらないので、プランの絵を描いてみることにする。
そしたらなかなか素敵なのがでてきたよ。
「オンナガヅクエ」
DSCN0728.jpg

絵具をバリバリ使うの2年ぶりくらいだな。おもしろい。
えつおはエンピツで、キメラ的な長机を描いた。

その後、フリーペーパーを集めたはいいけどどうすればいいかになやーむ。
とりあえず丸めてみる。
野外ギャラリーに絵を展示。
DSCN0678.jpg


鴨江別館2月25日 準備1日目

この日から鴨江別館での展示?のため浜松に滞在。

鴨江別館


モダニズム建築でそこそこ歴史のある建物。

壊すのはもったいないという運動がおこりつつある。


鴨江別館で クリエイティブサポートlet's

が主催する浜松アートフォーラムが開催。
その中のイベントとして、
「照明の音楽」
「北川フラムの講演」
「鴨江アート動物園(美術展)」
僕はこの中の美術展と、どうやら「照明の音楽」の前座的なパフォーマンス
をやるらしい。

一応「羊羹と羊羹の羊羹」
と題してプランを考えて来た。
が、直前になって、あんま納得いかなくなったので、
鴨江で僕らが鴨江の動物となって、
滞在中、ずっとこれからのことを考えていくという
感じのことをやろうとだけ決めて結局この日に。
どうなることやら。

朝の八時に鴨江に到着。
じぶんらく、一緒にやる高杉悦生を待つ間、
羊羹問答のDVDを制作。
DVD studio pro をつかって初めてメニュー画面からつくってみてる。

古いバージョンなので私のmac bookとは相性があんまというかまったくよくない。
すぐ強制終了するし、photoshopのデータは読み込まないし・・・

悦生到着。11時。
僕らが使う一室には、何故か同じく今回展覧会に参加する
奥中章人の資材の単管が床一面びっしり!
こりゃげんなり。
まずを単管どかすことからはじめます。
そしてやっとこさ、僕らの使う部屋をそうじ。かな~り汚い。
窓も壁もふきふき、床もハキハキ、ほとんどこの日は、掃除で終了。
掃除中けっこうでかい部屋のブラインドが落下して危険。
あとでわかったけど、これは半分奥中が原因。危険。
DSCN0644.jpg


そのあとフリーペーパーを求めて浜松の街を闊歩。
いろんなフリーペーパーがあるもんだ。

let'sのスタッフで今回取り仕切っている鈴木一郎太さんあらわる。
正直な人でとっても面白いです。
鈴木一郎太さんは画家。


3月9日までよろしくおねがいします。

夜は2006年のグループ展でお世話になったgallery caveに泊まります。
gallery内のcafeの床にシートを敷いて雑魚寝。ものすごくさむくて
この日はほとんど眠れなかった!3月9日までこれが続くと思うと
ぞっとします。

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。