深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球にないしりとり 

ななよさんと地球にないしりとりをしました。




海坊主?

ズワイガニガニ

にぎり寿司寿司






スポンサーサイト

片思い焼き

3月29日までやっているギャラリーセンセンチのたまご写真展に片思いたまご写真を
展示しています。
写真に写っている片思いたまご、実は撮ったあと焼いてみました。
1_20090323025724.jpg



片思いたまごは焼いても気持ち悪いですね。

誕生日です。

なにかとせわしい一日でしたが。
今日は僕とアクセサリー作家の江渕さんの誕生日です。
おめでとう。

なんか自分に買ってやろうと思ったけど、買えなかったので、なんかあとでしてあげよう。

あと、ここ最近の記録

16日、またミニ窯。そこそこうまくいった。火の扱いがうまくなってきたが、まだまだ壁を超えられないぜ。

15日、笹田さんと愛知県芸の卒展へ 宮田君にあう。言葉の壁も読む。宮田君に鈴木智教というすてきな作家を紹介される。すてき。


14日、レッツで宇田さんの解体してあそぼうであそぶ。あそんだなあ。そのあと浜松の文化政策のシンポジウムにでる。電子チェンバロがかわいい音をだしてた。文化政策のこれからのビジョンの最終案というのを読む。誰が、どうしたいのかは抜かせられないよねぇ。

13日 メロディカサミットインジャパンを聴きにいく。林道はほんとに人ごとみたいな曲だった。野村さんの説明と曲の割合が半々くらいで面白かった。

あとは、もう忘れたり、秘密だったり。





03.05 片思い

「片思い」という写真の作品をつくりました。
学生の頃からお世話になっている柴田さんの運営する
ギャラリーセンセンチのたまご写真の企画展に出品します。

作品そのもの自体が気持ち悪いものですが、偶然が重なって生まれた背景も気持ち悪い。
たまたまですが、繰り返し気持ち悪いってことが伝えられるという部分ではとても気に入ってます。ただけっこうプライベートなものができたので、できればあまり見てほしくないです。
無事届くといいなあ。


50人写真展 たまご

日程 2009 3/8~3/29 (土日のみ)
時間 13:00~17:00

場所 Gallery sensenci  静岡市駿河区小鹿765-2


03.05 ほんとうをつくる  というか愚痴。

ほんとうをつくるということを大事にしていきたい。

最近、デザインとアートを混同したり、デザインの中にアートを取り入れたり、
もともとそれほど分かれるものではないのかもしれませんが、多いです。

それ自体が悪いのではなくて、世間の評価とかブランド志向とかイメージとかに
すぐにとびついて、それがいったいどういうものかということには無頓着。
受け手がそうだからって作り手がそれにつけこんで、発信するというのは、
特にアートでそれをやると、はっきりいって本当に本当に気持ち悪い。
社会が変わらないからって権力側と同じ発想でやるっつーのも、効果の面はそりゃすごいけど、やっぱり気持ち悪いわ。っていうか、こんなくだらないことも本当は書くのもばかばかしいけど、こんなくだらないことは一秒でも早くなくさなければいけないと、愚痴として書かせてください・・・

そういうおいしく見えるところに飛びつくんじゃなくて、
ちゃんとほんとうのところを見てくださいよ・・・と今日は正直疲れる。
でも、人間ほんとうに大事な部分でそんな選択は絶対にしないはずだから、
もしかしたら大事じゃない部分なんだろうな~。本当にそうならちょっとつらいな~。



まあ、自分さえぶれない限りそんなの屁でもなんでもないんですが、変な怒りが溜まらないようにしなくちゃな~。まあ結局、全部自分のへぼさのせいなんだけど。。。



03.04 工房絵

またまたレッツのヒアリングで、今度は平塚の工房絵にはじめて伺いました。

作業場の雰囲気もよかったし、いろいろお話も聴けてよかったし、
たけぶんも少しずつすすんでいる感触です。

ただ渋滞がものすごくつかれた。
一郎太さんは運転おつかれさまでした。


03.01 ミニ窯

1_20090304021501.jpg
どりゃー
ミニ窯でコップを焼くぞーおらー

いろいろ火を扱う勉強になりました。
温度あげるのって難しかったのね。
写真は多分1200度いってるかいってないかくらいのとき。
けっこう細かいやけどをしてた。

ミニ窯は吉田明って人の本を買ってそのまま同じように高校の授業でつくったやつ。

単純にできることが増えるっていうのが好きみたい。
っていったら笑われた。

笹田さんともえこに手伝って?もらいました。

2.28 ひぐらしコンサート 一郎太会

奈良から帰ってきてレッツでひぐらしコンサートと一郎太会がありました。

文芸大の坂本さんと白樫さんと山梨の話をしました。

山梨の話をしていると、
僕なりに、なんとかうまくなじめなかった山梨のコミュニティと向き合って
何かしらの形にしたいなあと漠然と思いました。

とかいってなじめないことなんてたくさんあるし。

自分の仕事を根本?のところで未だ明確にできないでいるので、絶対まだできないんだけど。やれることと自分の性質は少しずつ把握してきてはいるから、そこまでもう少し、だと信じたいですが。
って人として遅い?


一郎太会のブログ
一郎太さんのつくるごはんが食べれます。よかったら参加どうぞ。

2.27 たんぽぽの家 アートセンターHANA

レッツで奈良のたんぽぽの家にヒアリングに行きました。
able art companyのことや、播磨さんの哲学を拝聴しました。

たけぶんやレッツを運営して行く上で
パブリック感を出して行くこと。
やることを明確にしていくこと。
そのためのキーワードの中に「異交通」というものもあったり。
目標設定だったり。
他とは違うものを提示していく。

ひとつひとつの言葉はいろいろ納得いくことが多くて、考えてきていることも多いのだけど
いまいちしっくりこないのは、具体性が自分にいまいちないからなのかしら。

いやはや、理想を形にしていくプロセスをいろいろ伺って学びました。

って一行にするととてもアホっぽいですね。
アホなんですけど。しかし、うーんむずかしい。

単純に自分には、知識とか言葉とかやり方とか
足りなさすぎるってこと、なのかなあ。

2_20090304012958.jpg
写真はたんぽぽのやまのさんち。

2.25 ガラスの少年をくるくるまわす

ガラスの少年のガラスの仮面をつくってくるくるまわしてみました。1_20090304012015.jpg

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。