深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岐阜大学芸術フォーラムにいってきた。

笹田さんの車に乗って、片岡さん、平山さんと岐阜大学芸術フォーラムへ遊びにいきました。

主催の野村幸弘さんとは、何度かお会いしたことがありましたが、
芸術フォーラムは初参加で、2年前から毎回お知らせメールを送ってくれていて、そのときの報告文だけや片岡さんのお話だけでしかわからないので、実際の様子はまったく謎めいている気持ちで、行きの車の中みんなの妄想が膨らみました。

ちょうど、野村幸弘さんに芸術フォーラムに参加した感想文を送るので、せっかくだから僕の感想を読んでもいかなきゃわからない感じにしたいと思いました。以下感想文。


野村幸弘さんには何度かお会いしたことがありましたが、岐阜大学芸術フォーラムは初参加でした。

講義室に入って前慎二さんの空想講義を聴きながら、野村幸弘さんはとてもいい人だなあと思いました。
何故なら前さんは、講義の中で作家や無名の人などいろいろな人のいろいろな表現を国も時代も越えて勝手に
結びつけてくれるからです。講義の中にでてくる表現は、見たことあるものや会ったことがある人もいてなんだか
その表現や人に対して、前さんが、あなたはずっと一人じゃないよと無言のメッセ―ジを投げかけてくれているように勝手に思いました。何故、前さんの講義を聴いているのに野村さんのことをいい人だなあと思ったのかはよくわかりません。
岐阜大学芸術フォーラム自体は、参加者それぞれが持っている問いやありようをそこにいる人達に投げかけられる貴重な場だと思いました。今回はほとんど好きに遊ばさせてもらいました(とてもよかった、いろいろできました)が、次いくときは何か僕も投げかけてみたいなと思いました。

最後に気になったことを箇条書き
・ハードボイルド探偵みたいな格好をしていた小学校2年のたくと君のいくつもの遊び
・塾講師古川さんの未だに小学生みたいな抑揚で発する「いいこと考えた!」
・オクターブ上があった鼻笛
・おいしいねぎぼうず


楽しかったです。

スポンサーサイト

新年度

2010年度になり、状況も変化してきたのを期に、ブログも少しずつ再開していこうかと思います。

といいつつ2009年度の仕事をまだ残しているので、当分バタバタしそうです。







Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。