深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/27 池田邦太郎セッション

午後は笹田さんに連れて行ってもらって、西尾市の池田邦太郎さんのセッションにピアノの終わり方を習いにいきました。
だけど自分で終われるようになっていたみたいで結局習わずに遊んできました。
西尾のすごいところはピアノで遊ぼうという空気感を一年以上かけて、池田さんと主催者の磯貝さんらが共に築いてきているところだと思います。そうした空気感を学校にもひろめていこうという活動を一丸となってつづけているみたいです。

ところで池田さんに遊びを認められ(ピアノではなく)今度池田さんの東京の大学での講義で遊びの実演をするかもしれません。(遊びの実演・・・)
スポンサーサイト

6.27 第2回ゴミ拾いアート

クラッチ工場の工員で街好きな大庭さんとやっているゴミ拾いアートの2回目でした。
雨なので、ちゃんとゴミを拾わずに!はじめたらあまり材料のゴミがなくて困りました。

今回は市民恊働センターで作業をしました。
大庭さんが家でつくってきた
タバコのケースのお面やリボンや鳳凰や義手ができました。




6/26 ピチャカマジカ

2008年月見の里で出会ってから、ぶっとびとかたけぶんとかいろんなところに来てくれていて一緒に遊ぶことがたくさんあった、しらはた家のれいこさんがピチャカマジカをはじめたので遊びにいきました。

第1回目のこの日は月見を探検して写真をとりました。
探検に脱線があるのかしりませんが、たくさん遊びました。
大変楽しかったです。

たかはるのあみだくじも面白かった。
スーパー漢字練習は大変そうだった。
あきひろさんとも絵本をつくった。
ハンバーグマのグーグーもいました。

僕は、10月、11月に今回とった写真の額縁!?をにつくりにいきます。
そういえば、額縁は大学生のときに障子戸のような額縁を一度だけつくったことがあります。


6/23 庭のいま

体調崩しました。ものが食べれない。

しかし、マイ庭の植物たちはぐんぐん育っています。
いろんな植物を密集させて植えたりしたので、合体しています。
一番おおきいのはひょうたん
ベランダまでつるがのびそう。
ミニトマトもたくさんなりました。

庭楽しいです。
にわ


6/19 アートをつまむ@秋葉原

秋葉原の居酒屋でサラリーマンを対象したws「アートをつまむ」をしました。
「すごろ句対微分帖」という二つの共同作文でコミュニケーションをはかるという遊びがメイン。
宮田君発案で、クレームにクレーム処理や、父への手紙に父からの返事という対話をすごろ句と微分帖でやった

みやたくんが現場監督をとってもがんばってくれたので、僕は遊び手にけっこう徹することができました。
なので局所的にしか状況がわかってないですが、とりあえず忘れないうちにやったこと、いろいろ感じたこと、考えたことをメモ。


できたものがおもしろかった。
すごろ句、微分帖、単体だけでも面白いものができたけど、対話にするとふたつの作文がつながって、妙に立体感のある世界観が生まれました。デートに遅刻のはなしやらキャスのはなしやワールドがかさなるはなしやらいろいろおもしろいものができました。こまかくおぼえてないのでまた読みたい。


忙しかった
ちょっと忙しかった。食べる。呑む。人と話す。作文遊びをする。この4つのバランスをもうちょっととれたらと思いました。居酒屋でせっかく呑みながらやるので、飲み会的な要素をもう少しとるべきだったなあと反省。
というのも、用意したプログラム自体が「アートをつまむ」的には二次的な要素かなあと思ったからです。
できたお話はとてもおもしろかったので、もう少しじっくり参加者の普段の仕事の話などをききながら、
今回、つまんだアートと普段の仕事との接点はどこにつくれるだろう?という話にまでできたらよかったけれども、
状況も複雑で難しかったです。だけど、アートをつまむの趣旨や、今後の展開を考えるならば、必要条件だと思うので、今回のフォローも含め次回からの課題だと思いました。

今後のアートをつまむ会
主催者のなかざわさんと話していたのですが、アートをつまむ会自体、企業単位を相手にやったほうがいいと思ったので、是非そうしてほしいです。企業にアーティストが介入してアーティストがやりたいことと会社やそこで働く人が求めていること(特に潜在的な部分で)を一致させるような企画やしくみをつくってほしいです。
サラリーマンとアーティストがおもしろい作品を一緒につくる機会になるのか、
アーティストが企業の中に入って、別の視点から会社の新しいしくみをつくったり、
みすごされていたものをあぶりだしたりするのか、
それとも今回みたいにアートプログラムを体験できる場を増やすのかとか・・・
何をしたいとかどうしていきたいかでつまむ会の運営のしかたとか企画のやりかたが変わってくる気がします。
(そういえば直接関係ないですが、僕もクラッチ工場の工員の大庭さんと浜松でゴミ拾いアートをはじめました。これはなかなか奇妙です。)

今回は0回だったので、いろいろいいためしになった気がします。
とにかく参加されたみなさんありがとうございました。
これをふまえてどう次を考えるかが面白いです。


好き勝手にかきましたが、他にもいろいろ気になったところがあると思いますが、参加されたみなさんはどうだったですか?

















6/14 挿絵本さしえほん 浜北特別支援学校

さしえほん
i1.jpg
i2.jpg
i3.jpg
i4.jpg

生徒の描いた絵に僕が挿絵をして絵本にするという方法。

○広島合宿で微分絵本をたくさんつくったとき、宮島で出会った小学生に微分絵本の一枚目を描いてもらった。
海藻の絵本。とても素敵な絵をかいてくれた。ただそのときフラッと描いてもらうには4枚は大変だなあと思い、少し申し訳なかった。そのことが頭の片隅にひっかかっていたこと。
○数日前からゾウさん母さんという絵本をかきはじめたこと。
○浜北特別支援学校では、かかわりを通しつつ、生徒のそのままのおもしろい表れをそのまま尊重して、素敵にみせれる仕組みはないかと悶々と悩んでいたこと。

上記の3つが重なって今回浜北特別支援学校のwsで生徒の絵に挿絵をすることで絵本をつくるというしくみを考え、やってみたら、とっても素敵な絵本ができた。面白い。
挿絵の仕方もいくつかバリエーションをつけれるので比較的自由度があるのが特徴。

写真の「いないいない」はその一部分。高等部1年生の重度のクラスの子の絵に挿絵をしたもの。
いい感じです。





6/13 河合家 涼太 銅具

河合家にお邪魔して、銅作家、河合悌一さんに涼太と銅の加工を学びました。
douzou3.jpg
アトリエ風景
douzou2.jpg
銅をたたく
douzou4.jpg
溶接
どうぞう1
笹田命名「銅産ゾウさん母さん」 完成しました。

とても素敵な環境のご自宅兼アトリエと素敵な家族。
河合さん、お世話になりました。
ありがとうございました。

アートをつまむ 告知

美術家の宮田篤くんの一声ときくちさんの行動力で、急遽参加することになった
「アートをつまむ」の告知です。

企画のたてかた、人をまきこんで仕事をするということに関して宮田くんがいろいろ書いています。

「まず、試してみるための会」というのはとてもいいことばだと思います。

僕のことをふりかえっても一回めのトライは99パーセント失敗するので・・・
やったことをみなおしてさらにおもしろくするのはとても素敵です。

内容自体はきっとおもしろい気がするので、なにかのはじまりかもしれない会
によかったら遊びにきてください


アートをつまむ(宮田君のブログを抜粋したものに付け加え。)

①16:30~18:00公開準備※ふかさわはさいしょからいます。
スタッフ+アーティストとアートをつまむ準備や自由交流の時間
○ひさしぶりに「百日オセロ」のインスタレーションをする予定
○とりためた子どもの遊びの映像を流そうかしら。(深澤)


②18:00~21:00 WS本番、食事*ぼくはこの時間からいます。
アートをつまむ(飲食を楽しみながらワークショップ開催)
○問いかけるすごろ句
○応える微分帖

③21:00~22:30 公開反省会
スタッフ反省会+残った人で交流
○スタッフ反省会とありますが、みんなで反省したらいいと思いました

日程:2010年6月19日(土)(父の日の前日、プレパパの日です。)
場所:秋葉原 殿しんがり http://shingari.org

公開準備から来てくれても、WS本番から来てくれても構いません。途中退出自由です。
反省会も参加したい方のみ自由にご参加下さい。
アーティストと直に接触し、その空気感や、一緒に作品を作り上げる一体感を満喫して下さい。

参加アーティスト:宮田篤(みやたあつし) 深澤孝史(ふかさわたかふみ)
お手伝い:    長津結一郎(ながつゆういちろう) 
代金:予約¥3,500(当日4,000)
飲食:八戸直送の魚介類の食べ物含む
※ワンドリンクは必ず頼んで下さい(平均300円程度)
2杯目以降の飲食物は別途料金(小生¥350、ウーロンハイ¥300~)でご自由に。          
問い合わせ・申込予約:sobaneart(at)gmail.com
○予約特典?は「永遠のトワイライト」のポストカードです。
おりがみのなにか?(深澤)


6/11 「ゾウさん母さん」

zk1.jpg
ゾウさん母さん
zk2.jpg
「ゾウさんお鼻が長いね」
zk3.jpg
「そうだよ母さんも長いんだよ」 「わっ」
zk4.jpg
ゾウさんと母さんはいつも一緒


高校の授業中に絵本を描きました。
広島の微分絵本合宿の後から絵本熱が到来したみたい。
ゾウさん母さんは今のところ4話まであります。
ゾウさん母さんのおかげでいつも泣かしていた片岡夫妻の息子(1歳)
とも仲良くなれました。

6/10きろくおりがみ@arsnova

僕の子どもとのかかわりのストックや、福祉施設アルスノヴァが子どもの特性をおもしろくひらけたかたちでストックができるようにと新作「きろくおりがみ」を考案。
今日から展示&ストックをはじめました。
kirokuorigami.jpg



これがこれからどう派生するか・・・楽しみです。
利用者のさいとうさんとの「すごろ句」もおもしろい。
さいとうさんのフリーペーパーもおもしろい。
僕も新聞的なものを描き始めました。

6/7根洗学園ws

今月の根洗は、まなみ先生の希望で外で汚れるのも気にしないで絵をかくことに。
広島で拾った海藻でつくった筆や、学園におちていた枯れ草でつくった筆
パチンコで色とばし、虫に絵具をつけてあるかせる。スプレーなどの色武器を用意しつつ
それぞれ自分の楽しみかたで楽しんでいた感じです。

今回は僕もなにするでもなく普通に遊びました。

nearai.jpg

写真は、だれかが描いたすごいストロークの絵と新作「きろくおりがみ」
写真のきろくおりがみは平山さんと横村さんと一郎太さんがそれぞれ描きました。


6/6涼太と植木鉢をつくる

午後は涼太と植木鉢をつくりました。
そのあとは佐鳴湖を散歩。

せっかくなので船をつくりたいと思うんですが、
だれか船をつくれる人しらないでしょうか。

6/6 第1回ゴミ拾いアート

第1回ゴミ拾いアートを
大庭さんと企画してやりました。
朝の9時からゴミを拾い
10時にクリエイト浜松アトリエへ移動、拾ったゴミで作品をつくる
12時に解散

参加者は、おおばさん、ささださん、クリエイトのかわいさんとぼく

きろく新聞もつくりました。

次回は6月27日の9時からです。おそらく次回からゴミ拾いツールをゴミでつくります。
参加者はそれほど募集していませんが、
一緒にやりたい人は連絡ください。
ゴミ拾いもけっこう楽しかったです。


6/5 線路琴 インコハクビーツ見学 池田邦太郎さんのピアノ

ぶっとびアートの準備で線路琴つくりに参加してきました。

長いバチとかつくりました。
線路琴たたくのはおもしろかった。


その後レッツでインコハクビーツを見学。ひたすら終わり方を続ける演奏を聞く。

終わり方と言えば、5月9日に愛知県西尾市までいって音楽家の池田邦太郎さんの障害の子のいる家族とのセッションを見に連れてってもらったのですが、池田邦太郎さんを見ていたら僕もやりたくなって、その教室を主催している女性の子どもと一緒にピアノで遊びはじめてみました。終わった後に飲みに誘ってもらい、池田さんにピアノ遊びを褒められ、終わり方をちゃんとできるといいといわれ、今度「ピアノの終わり方」を習いにいくことになりました。

そんなことを思い出したら、やりたくなってささださんとピアノを一緒にひいたら楽しかった。
池田さんのピアノを見て、それでやってみて、ピアノがはじめてオモチャに思えました。
掛け合いのおもちゃおもしろいです。



Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。