深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リバーシブル告知♥

1つ目 
越後妻有 大地の芸術祭の里 雪アートプロジェクト
にかまぼこアートセンターとして参加します。
僕は去年からかまぼこアートセンターのメンバーだからです。

一面雪の中、みんなで凧をとばしたり、島袋さんのトークがあったりします。


空中かまぼこアートセンター

日時:2月26日(土)-27日(日) 10:00 - 16:00
会場:まつだい「農舞台」周辺
料金:26,27日2日間有効の作品鑑賞チケット(作品104、まつだい「農舞台」入館料を含みます)
前売り 大人1000円、小中高生 500円(まつだい「農舞台」、十日町市役所分庁舍、十日町駅ほっくほくなんでも案内所、アートフロントギャラリーにて好評発売中!2月25日17時まで。)
当日 大人1300円、小中高生 700円
全体のちらし

2つ目
f0192237_392389.jpg

うたの住む家Live in ダイバハウス~壮大なる銀河のまみむめも~@台場区民センター

僕は出たりしないのですが、友人たちがたくさんでたり、やったりします。
でないけど、チラシを頼まれてつくりました。

26日(土)16:00~(開場15:30)
27日(日)15:00~(開場14:30)
27日に限り、14:15から「うたの住む家」約3年半の活動の報告をします。


港区文化芸術振興基金助成事業
うたの住む家Live in ダイバハウス~壮大なる銀河のまみむめも~

【会場】台場区民センター 区民ホール
http://www.kissport.or.jp/sisetu/daiba/index.html

【料金】前売/一般 1500円 前売/中高生・障害者 1000円
当日はそれぞれ500円増し 小学生以下無料

【出演】
即興からめーる団(赤羽美希+正木恵子=音楽家ユニット)
ワークショップ参加者

ゲスト:尾引浩志(ホーメイ、口琴、イギル演奏家)宮田篤(美術家)中西宣人(インタラクティブ・アーティスト)的場優(作曲家・ピアニスト)表現クラブがやがや
舞台美術:高杉悦生(美術家)

【御予約・お問い合わせ(うたの住む家実行委員会:赤羽)】<お名前><希望日時><人数><電話番号><メールアドレス>を以下の連絡先までお知らせ下さい。
E-mail utanoie(at)hotmail.co.jp

主催:即興からめーる団(赤羽美希+正木恵子)
共催:うたの住む家実行委員会
助成:港区 協力:門仲天井ホール


1つめは豪雪を体験できるというだけでものすごくいく価値があったり、そんな雪の中でおもしろい景色をながめることができます。

2つめは感動したり、?な音楽を不思議な一体感で聞くことができる気がします。いろんなパフォーマンスもりだくさんです。

週末の予定がまだ決まっていない方はどちらかいかがでしょうか。どちらも土日両日開催なのではしごも可能なようです。

スポンサーサイト

かがやきキラキラ仕事館 改訂版

前回のブログの情報が間違ったところがあったので、訂正です~
111.jpg

僕が、障害者の通所施設の「超施設長」に勝手に就任して、施設と利用者のためにいろいろはたらいています。
今回の展示は、100%かがやきのための展示です。是非みなさんおこしください。


かがやき はじめる アートプロジェクト
かがやきキラキラ仕事館

2011年3月1日(火) ー3月26日(土)
場所 浜松市発達医療総合福祉センター アーケード
開館時間 9:00ー17:00 
休館日 日曜日 3月21日(月・祝日)


住所:〒434-0023 静岡県浜松市浜北区高薗775-1 TEL:053-586-8805/Fax 053-586-7909
http://part12.wakwak.com/~hattatsu/contents/tuen/kagayaki.html
主催:浜松市社会福祉事業団 浜松市発達医療総合福祉センター(はままつ友愛のさと) 
生活介護•就労継続支援施設「かがやき」  
協力:月見の里学遊館

かがやきキラキラ仕事館は、かがやきの新しい仕事をつくって、紹介するところです。

かがやきキラキラ仕事館 期間限定オープン!

かがやきキラキラ仕事館は、障がいのある方の通所施設「かがやき」で生まれた新しい「仕事」を紹介すること、また新しい仕事を更新していくことを目的としてつくられた「かがやき」の別館です。ここで紹介する仕事は、お金になるもの、ならないもの、みんなの役にたつもの、一人のためにだけなるもの、やりたくないこと、ついついやってしまうことなどさまざま。経済社会に生きる私たちが自分たちのためにつくったさまざまな仕事のしくみに板挟みになる中で、一般的な仕事の価値観でははかれない障がいのある方がたくさんいる施設だからこそ提案できる仕事を考えていきます。

超施設長のことば

こんにちは。このたび「かがやき」超施設長に就任した深澤孝史です。
超施設長の仕事について説明すると、かがやきの理念を勝手に考えて、その理念のもと勝手に仕事を考えて勝手にいろいろすすめる人です。僕が勝手に掲げる理念とは下記の3つです。
 
「かがやき」は仕事をつくる仕事をする施設
「かがやき」は仕事について考える施設
「かがやき」は仕事をみせる施設
 
また、超施設長の特徴としましては、ころころ話がかわる、施設運営についてはよくわかっていない、偉くない、職員たちに怒られる等があげられます。まずは超施設長として、かがやきキラキラ仕事館を立ち上げ、みんなが自然とやっちゃうことを仕事ととらえたり、それに対応したりしながら、アイデアを膨らませていきたいと考えています。


生活介護・就労継続支援施設「かがやき」
「かがやき」は在宅の障がいのある方に対して、利用者の人格を尊重し一人ひとりが自立した日常生活を営むことが出来るように支援することを目的に、平成4年7月より開所され、平成19年4月より障害者自立支援法に基づき、生活介護事業と就労継続支援事業をおこなっています。

「かがやき はじめる アートプロジェクト」について
このプロジェクトは浜松市発達医療総合福祉センター2010年企画案コンペで選出されました。浜松市発達医療総合福祉センターは障がいをもつ子どもの診療•療育•通園と成人の通所および相談支援部門からなる複合施設です。子どもとおとなが行き交う施設の中で「おとなになった障がいをもつ人たちはすてきに暮らしているか」「その姿は今子育て中の家族の希望になるのか」という問い直しから、このプロジェクトは始まっています。障がいをもつ人をいわゆる“健常者”にひたすら近づけようとするのではなく、障がいをもつ人が放つ新しい可能性に私たちがいかに気づくことができるのか。必要なのは私たち職員の既成概念や方法論を打ち壊すことだと考え、センター内の障がいのある方の通所施設「かがやき」に深澤孝史氏を招聘しました。深澤孝史氏はさまざまな現場で、見過ごされているものにまわりの人たちが気づくためのしくみづくりを行うアーティストです。新しい風を呼び込み「かがやき」の日常を新たな視点で見つめ直すこと、そしてそこにある新しい価値を施設の内から外へ問いながら具現化していくこと、これが「かがやきはじめるアートプロジェクト」のめざすところです。

同時開催イベント
かくれんぼinかがやき
3月19日(土)10:30~12:00 参加費:無料
かくれんぼリーダー:池川貴子(かがやき支援員)
だれもいない「かがやき」の中でかくれんぼをしよう。鬼があなたをみつけた瞬間をパチリ。かくれたい人、みつけてほしい人、探したい人、みんなあつまれ!
※デジカメやカメラ付携帯電話がある人はご持参ください。
※申込不要。直接おこしください。(問い合わせ先 かがやき053-586-8805)

かがやきキラキラ仕事会議
3月19日(土)14:00~16:00
議長:深澤孝史(超施設長) 参加費:無料 
「かがやき」の仕事と自分の仕事を組み合わせて新しい仕事を考えます。なにか新しいことを始めたい人、仕事を面白くしたい人、やりたいことがわからない人、みんなで考えましょう。
※申込不要。直接おこしください。(問い合わせ先 かがやき053-586-8805)

ぶっとびヒーロー映画工作会議 ~ヒーローのしごと、わるもののしごと~
3月26日(土)10:30~12:00
参加費:親子1組1000円(きょうだい2人以上は1500円)
おとなのみの参加は無料(材料費•保険•おやつ代込み)
ヒーロー映画をつくるため、ヒーローやわるものを思い思いに工作します。
0歳~おとなまでおもしろ好きな人どなたでもおこしください。
※はさみ、テープ、ボンドなど工作道具のある方はご持参ください。
※ 参加申込 buttobiart@yahoogroups.jpもしくは090-2187-8553(笹田:留守電)へ前日までにご連絡ください。
企画:ぶっとびアート http://buttobi.hamazo.tv/



超施設長プロフィール 
深澤孝史

美術家。1984年山梨県生まれ。2006年静岡大学教育学部卒業。2006年取手アートプロジェクト、野村誠プロデュース「あーだこーだけーだ」参加。2008年から2010年NPO法人クリエイティブサポートレッツ勤務。たけし文化センター企画、運営。2010年初個展「うんこふみふみたかふみ文化センター」。2010年より越後妻有大地の芸術祭「かまぼこアートセンター」参加。

2.6 しごとかん 

かがやきの職員のみなさんとささださんとyoくんと仕事館の施行をしました。
日曜大工の達人さんもいたので、一日でけっこうすすみました。

僕は今回かがやきの超施設長に勝手に就任して、勝手に施設運営を考えるという仕事をしていて
その一環で仕事館をはじめてみました。

kinen1.jpg

かがやきキラキラ仕事館
3月1日(火)~3月26日(土)9:00~17:00 
休館日:日曜日
場所:浜松発達医療総合福祉センター アーケード


主催:浜松市社会福祉事業団 浜松市発達医療総合福祉センター(はままつ友愛のさと) 生活介護•就労継続支援施設「かがやき」(施設長 堀内剛)
住所:〒434-0023 静岡県浜松市浜北区高薗775-1
TEL:053-586-8805/Fax 053-586-8808

かがやきキラキラ仕事館 期間限定オープン!

かがやきキラキラ仕事館は、障害のある方の通所施設「かがやき」で生まれた新しい「仕事」を紹介すること、また新しい仕事を更新していくことを目的としてつくられた「かがやき」の別館です。ここで紹介する仕事は、お金になるもの、ならないもの、みんなの役にたつもの、一人のためにだけなるもの、やりたくないこと、ついついやってしまうことなどさまざま。経済社会に生きる私たちが自分たちのためにつくったさまざまな仕事のしくみに板挟みになる中で、一般的な仕事の価値観では吐かれない障害のある人がたくさんいる施設だからこそ提案できる仕事を考えていきます。


超施設長のことば

こんにちは。このたびかがやき超施設長に就任した深澤孝史です。
超施設長の仕事について説明すると、かがやきの理念を勝手に考えて、その理念のもと勝手に仕事を考えて勝手にいろいろすすめる人です。僕が勝手に掲げる理念とは下記の3つです。
 
かがやきは仕事つくる仕事をする施設
かがやきは仕事について考える施設
かがやきは仕事をみせる施設
 
また、超施設長の特徴としましては、ころころ話がかわる、施設運営についてはよくわかっていない、偉くない、職員たちに怒られる等があげられます。まずは超施設長として、かがやきキラキラ仕事館を立ち上げ、みんなが自然とやっちゃうことを仕事とらえたり、それに対応したりしながら、アイデアを膨らませていきたいと考えています。

同時開催イベント
かくれんぼinかがやき
3月19日(土)10:30~12:00 参加費:無料
かくれんぼリーダー:池川貴子(かがやき支援員)
だれもいないかがやきの中でかくれんぼをしよう。鬼があなたをみつけた瞬間をパチリ。かくれたい人、みつけてほしい人、探したい人、みんなあつまれ!
※デジカメやカメラ付携帯電話がある人はご持参ください。
※申込不要。直接おこしください。

かがやきキラキラ仕事会議
3月19日(土)14:00~16:00
議長:深澤孝史(超施設長) 参加費:無料 
かがやきの仕事と自分の仕事を組み合わせて新しい仕事を考えます。なにか新しいことを始めたい人、仕事を面白くしたい人、やりたいことがわからない人、みんなで考えましょう。
※申込不要。直接おこしください。

ぶっとびヒーロー映画工作会議 ~ヒーローのしごと、わるものしごと~
3月26日(土)10:30~12:00
参加費:親子1組1000円(きょうだい2人以上は1500円)
おとなのみの参加は無料(材料費•保険•おやつ代込み)
ヒーロー映画をつくるため、ヒーローやわるものを思い思いに工作します。
0歳~おとなまでおもしろ好きな人どなたでもおこしください。
※はさみ、テープ、ボンドなど工作道具のある方はご持参ください。
※ 参加申込 buttobiart@yahoogroups.jpもしくは090-2187-8553(笹田:留守電)へ前日までにご連絡ください。
主催•企画:ぶっとびアート http://buttobiart.hamazo.tv/


笹田さんの書いた 企画趣旨

このプロジェクトは浜松市発達医療総合福祉センター2010年企画案コンペで選出されました。浜松市発達医療総合福祉センターは障害をもつ子どもの診療•療育•通園と成人の通所および相談支援部門からなる複合施設です。子どもとおとなが行き交う施設の中で「おとなになった障害をもつ人たちはすてきに暮らしているか」「その姿は今子育て中の家族の希望になるのか」という問い直しから、このプロジェクトは始まっています。障害をもつ人をいわゆる“健常者”にひたすら近づけようとするのではなく、障害をもつ人が放つ新しい可能性に私たちがいかに気づくことができるのか。必要なのは私たち職員の既成概念や方法論を打ち壊すことだと考え、センター内の知的障害をもつ成人の通所施設「かがやき」に深澤孝史氏を招聘しました。深澤孝史氏はさまざまな現場で、見過ごされているものにまわりの人たちが気づくためのしくみづくりを行うアーティストです。新しい風を呼び込み「かがやき」の日常を新たな視点で見つめ直すこと、そしてそこにある新しい価値を施設の内から外へ問いながら具現化していくこと、これが「かがやき」はじめるアートプロジェクトのめざすところです。

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。