深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴨江別館3月5日 本番5日目!

今日は、いきなり新企画の日。
くるくる絵本。
僕が家でオールオーバーな絵がさくっと描けないかなーと思い考えた、まあ誰でも思いつくような手法。紙を何枚か適当に重ねて有る程度描いたら、重ね方を変えてどんどん描きたしていく。そんなやり方で今日は絵本を作りました。
まず一作目。

ゼボンの脂肪
DSCN1065.jpg


「ゼボンは誰にも理解してもらうことのできない脂肪のかたまりです。割り切れない数字を割り切れたりします。彼は宇宙握力会議で2位に選ばれるほどの実力者です。(ちなみに1位に選ばれた人の質量はゼボンの数万倍ですから、握力の密度を考えれば、ゼボンは実質的に1位といっても過言ではありません。)そんな優秀なゼボンですが、彼は悲しい現実と向き合わなければなりませんでした。実は、ゼボンは「サムライ癌」に冒されているのです。サムライ癌とは10秒に一度脂肪を刀で切られるような痛みを伴う癌で、今のところ治す手立てはありません。また、サムライ癌はゼボンの脳みそと同じ成分でできている為これはゼボンの生まれ持った性質ともいえるのです。ああ、なんてかわいそうなゼボン。」
DSCN1067.jpg


「ネガ犬には旅をする習性があります。旅は犬の心を豊かにします。実はゼボンは10年前までネガ犬に寄生していました。ネガ犬に宿れば、少しは安らぐのではないかと考えたからです。このとき既に病の芽はゼボンに宿っており、ゼボンはサムライ癌が治らないまでもなんとか痛みがひかないかと模索していました。しかしネガ犬とゼボンはそもそも体の構成物質の次元が違うので、ゼボンは犬の豊さを遠目に見ることしかできませんでした。」
DSCN1068.jpg


「ネガ犬から飛び出し、空と土について心を馳せるゼボン。そんなときにもゼボンを蝕むサムライ癌はゼボンを容赦なく10秒に一度刀で刺します。サムライ癌の歯車は長時間の運転できしんでいますが、それでも10秒に1度の刺す痛みはグリニッジ天文台より正確です。それは半分若い男が半分年をとるのと同じ仕組みです。」
DSCN1069.jpg


「ある外力士が個人的研究でサムライ癌をみたとき(外力士は伝説の顕微鏡を所有していました。)、ラズベリーの、口の中で酸味が広がる感覚が再現されたのを思い出して、はっとしました。ゼボンの脂肪は、鹿男のラズベリーと時空を超えて、存在を共有し合っている!もし、鹿男がラズベリーを残さずたいらげてしまったら・・・外力士はおそろしくなっていてもたってもいられなくなりました。」
DSCN1071.jpg


「宇宙握力会議で2位に輝いたゼボンを研究している外力士の頼みということもあって、惑星有精卵理論の重鎮『カエル後光』も駆けつけました。必死に鹿男とのラズベリーの共鳴を阻止するカエル後光。鹿男(その昔ゼボンと宇宙九九の計算対決で敗れ、顔の右半分に火傷を負った。しかしそれは昔のことなので恨んではいない)はラズベリーとゼボンの脂肪との関係性に薄々気づいていました。しかし鹿男にもラズベリーを食べないといけない理由があります。鹿男はラズベリーを食べないと一族が冬を越せないないのです。
しかしラズベリーが全部鹿男に食べられてしまってはゼボンのサムライ癌は「居合い斬り」を覚えてしまいます。そうなるとゼボンは1秒に1回半分に別れてしまいます。もともと1人だったゼボンが1秒に1回細胞分裂のごとく増えしまい、ゼボンの苦しみもそれにともないおそろしいスピードで増えていき、こうなったら最後、世界にとって悲しみの総量が増えてしまいます。」
DSCN1072.jpg


「世界の悲しみが増える事と鹿男の冬を越すこととはまったく別次元の話なので、鹿男は世界の危機を頭では理解できますが、納得することはできません。
鹿男にも時間はありません。ついに鹿男はラズベリーを全て食べ尽くしました。
おかげで鹿男は無事冬を越す事ができました。しかしこの瞬間もゼボンの苦しみは数えきれないほど増えつづけているのでした。」



くるくる絵本2作目はアキちゃんと。

まあそれはまた今度。




あ、今日の野外ギャラリーは若男と書道です。
DSCN1056.jpg

« 鴨江別館3月6日 本番6日目!|Top|鴨江別館3月4日 本番4日目・・・ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fufumi.blog41.fc2.com/tb.php/14-fd5f7c2d

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。