深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37日間 その1

前回から37日ぶりの更新です。
(12月24日にパソコンが壊れたので、いろいろデータがとりだせないけど、
うまく直るといいな。早く直さないと。)

37日前12月2日だったのでまだ、たけぶん会館中でした。

そういえばその前の、11月30日に「怒られることをして作品にする」
という集団行動?ワークショップ?をしました。

まず、参加者同士がペアになってお互いのおっぱいを想像しながら、「パイ投げの壁」におっぱいを紙粘土でつくりました。
たけぶんって、敷居とかないし、がやがやしてるし、すごく集団行動がやりにくくて、少し不安な気持ちになってたので、ビールなんぞを飲みながら始めたら、さっそく久保田さんに怒られました。
紙粘土が足りなくて笹田さんが買いに走ってくれたりもしました。
僕も、東京から来てくれた、えぶちさんと、笹田さんのおっぱいを想像しながらつくりましたけど、すごくつらい気持ちになりました。
またどこかで、見知らぬ男女をペアにさせて、お互いの見えない部分を想像してもらって作らせたいと思いました。いや、思ってないかも。半々くらいです。

それまでが前半の部で、後半は
「鴨江別館に『ジャスコ鴨江別館店建設希望地』の看板を立てにいく」
というまったく別のことをやりました。

浜松市に、「鴨江別館」という大正時代だかに建てられたモダンな市の所有する建物があるのですが、それが耐震強度の問題で取り壊されることが決まったのですが、建築士会という団体が壊すなんてけしからんと反対運動をしはじめまして、それが、功を奏して、なんでか市長が保存を決め文化施設として活用すると発表しました。

僕は鴨江別館がもともとまったく好きじゃないので、浜松の人たちはアートセンターになると喜んでいましたが、だれもアートセンターの中身に対してちゃんと考えていない態度も腹が立っていたので、とりあえず浜松に引っ越してから一番便利だったジャスコとして活用するプランの看板を鴨江別館に立てにいきました。

看板を完全に完成させておけばよかったと今でも半分後悔しているのですが(でも問題はそこではないからどっちでもいいのかも。)、看板の図の色塗りだけ残しておいて、参加者みんなで看板を完成させるような手順で進めました。
ここで、参加者(20代女性)の一人が、僕に怒られることが目的と勘違いして、看板に落書きをはじめました。僕が「やめてください!違います!」とまあ、少し芝居がかって喋るもんなので、火に油をそそく感じで落書きがエスカレートしていきました。
僕はあの参加者をもっとしっかり本気でしかってあげないといけなかったとその部分にとりかえしのつかない後悔を覚えます。この失敗だけは二度と繰り返さないと心に誓う次第であります。

この参加者だけが、落書きがエスカレートしていったのですが、半分以上子どもなのに、ほかの参加者は一切落書きをしなかったのが面白かったです。

看板が一応の完成を見せてそれを持って、みんなで立てに行きました。
鴨江別館の前で記念撮影をしました。ちょうどそのころ静岡文芸大学の学生が鴨江別館でグループ展をしていたので、受け付けにその看板を置かせてもらうことにしました。

その後たけぶんに戻ったら、あいのてさんたちがやってきていて、何故か会議をしていましたので、はじっこの空いたスペースにたむろしてみんなに最後に画用紙を渡して感想をかいてもらって終わりました。

というのが11月30日。12月2日からの記録を書こうとしているのになかなかはじまりませんな。なんか長いので、いったんおしまい。










« 37日間 その2|Top|発見 »

コメント

おかえりなさい!!
とりあえずご無事で帰国が確認できてホッとしてます。
11月のことはなんだか隔世の感がありますね。
おっぱい作りは深澤さん以外はあまり辛くなかったです。きっと。

おかえりなさい!!
ふかっちちん。
その後はどうなりましたか?ワニと戦うショー観ましたか?
今年もよろしくおねがいいたします。

ささださん
ただいまです。一番危険だったのはラーマ8世橋の下で犬に追いかけられたことですね。しかしよかった、タイにいってよかったです。

そうか、僕はものすごくつらかったのに、ずるい。


おくなかさん、
その後はあまり観光地にはいかず、ムエタイもいかず、
毎日ひたすら歩いていました。
隣に座った外人とか女子高生に乾さんからもらったおかゆやどんべいをあげてまわったりしました。

あと空いた時間はほとんど奥中さんの作品のプランの図を描いてました。
そういえば、今日西山さんのビデオレターをとりました。
あっちゃんにおくりたいです。



作品のプランズとは、ほうほう、気になるような、ならないような。
でも気になってるので僕に送ってください。
最近心が復活して増長しているので
僕が少し悔い改めるようなプランなら採用するかもしれません。

あっちゃんは心ある贈り物は喜ぶ人なのできっといいと思います。
また住所おくるよ。あとパソコンの修復もせなば。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fufumi.blog41.fc2.com/tb.php/149-5fab09b2

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。