深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月21日22日

1月21日
風邪が悪化。午後は学校でも立っていられないほどに。
早めに帰ってとにかく寝る。
15時間くらい寝る。
1月22日
寝すぎた。ぎりぎり遅刻はせず。

そういえば根洗の松本先生が「たけぶん」でのたけしについて、
たけちゃんが学校を堂々と休むのはどうかと思うと言っていたことを思い出した。
たけしにとって学校へいくという生活サイクルは大事なのではないかと。

関係ない話ですが、僕は学校において、ある種の教員の態度と生徒の態度にとても嫌だなあと思うときがあります。お互いが学校の制度にのっかって、言い訳めいたことをするときです。こういう風潮が少なくなればいいなあと思いますが、いまだに先生というのがどういう立場なのかいまいちわからないので、仕組みについてどうこういえないなあ。

たけしは一応学校に許可をえてたけぶんにいたけど、学校がどういう判断で許可をだしたかは聞いていないからわからない。多分たけぶんに養護学校の先生は来てないと思う。(きてたら教えてください)今後たけぶんを再開するにあたってたけしがずっといるという状況はないと思うが、また学校を休むかもしれない。休むかもしれないけれども、たけしが学校でどういう状況かもしらないけれども、学校をないがしろにするような雰囲気にはしたくはないなあ、と思いました。(今がそうなのかどうかも知りませんが。)















« 1月26日|Top|1月19日20日 »

コメント

風邪だいじょうぶ?
実は私も今こじらせています。。
今年の風邪、しんどくない?
おだいじにね。早くよくなりますよーに。お互いさま。

あらまあ、お互い大変ですね。つらかった。
インフルエンザと違って熱はでなかったけど
つらかったよ・・・


学校って
なんだろなぁ

たけちゃんが学校を休むという話になったとき、私自身もそれに関わっていることで療育に携わる者として、まわりの人からいろいろ言われるかもしれないと思っていました。久保田さんはなおさらのことです。しかし、久保田さんやレッツに集う人々の覚悟をみて、今回は私もそれを引き受けていこうと思いました。「学校に行くこと」「学校を休むこと」について私がこれまで当たり前だと思っていたことはあたりまえじゃないのかもしれないかもと思ったからです。しかし、今回の「たけぶん」のパンフレットを配った時点で、学校の反応を久保田さんにお聞きすると、私の予想に反して「学校の先生たちからの評判は良い」ということでした。久保田さんがたけちゃんのことにまっすぐ取り組むということは、学校の先生たちも望んでいたところだったのかなと思いました。覚悟をしていたのに、肩すかしです。
たけちゃんの担任の先生は、会期前半に「たけぶん」に来てくれましたよ。ご自身のお子さんを連れて、半分、お母さんの顔で遊びにきてくれました。ただ、私が残念だったのは、その日たけちゃんはヘルパーさんと一緒に来ていた日で、たけちゃんがたけぶんでウロウロしていて、しばらくしたら「こども館」にいっしょに出かけてしまいました。ヘルパーさんにとっては勝手がわからない「たけぶん」より、たけちゃんと関わるときには慣れている場所へ連れて行ったほうが、たけちゃんを安全に見守りやすかったのだと思います。それを見て「たけちゃんは『たけぶん』でも長くはいられないですね」と担任の先生がおっしゃったのは、ちょっと残念でした。居場所ってやっぱり場所のことではなく、その人に向かわれる環境、関わられる関係のことだと思うので、
先生をお見送りしながら「また来てくださいね~」と言いました。このときのこれがたけちゃんにとっての『たけぶん』の全てではないので…(でも『たけぶん』の一部の姿であったことには間違いないのですが…)というのが心のつぶやきです。
そのほかにも何人か学校の先生が来てくれていました。来てくれた先生たちは悦んでおられて、実はこういうことをやりたいと思っていた先生たちはいるんだなぁと感じたことは、私にとって収穫でした。ただ、これが学校の先生たちのすべての声ではなく、やはり批判の声は届きにくいだけかもしれません。関わることすら求めていない人たちの思いにも、耳をすまして聞いていきたいです。(コメント欄に長々とすみません。)

ひとみさん。
いやはや、、てかまたどっかつれてってください。
それかなんかつくりますか。
最近のブームは封蝋のためのハンコつくり。


おお、笹田さん。コメントありがとうございます。
そうかー、いろいろ見逃してたなー

このまえななよさんとたけしと学校についておはなしをしたりきいたりしました。あと僕が大学のときにちょっとだけ浜養で教育実習したときのはなしとか(笑)もうそのときにはたけしとかなるやとか
通ってたんだよな~。そう考えると面白い。



浜養で教育実習したなんて、初耳。
ここに到るまで、いろんな伏線があるんですね。

伏線というほどでもありませぬが、
中学生に算数を無理くり教える手伝いをしましたぜ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fufumi.blog41.fc2.com/tb.php/158-d86930e3

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。