深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/2かまぼこ合宿

新潟県十日町市松代で
2012年>越後妻有大地の芸術祭にむけてのかまぼこアートセンター合宿の1日目。
かまぼこ1
かまぼこアートセンターは、2003年の芸術祭で小沢さんが制作した「かまぼこ型倉庫プロジェクト」の2012年版のプロジェクト。これまで倉庫、ギャラリー、として貸し出されていたのを、地域に根ざした作品を生むため、2012年までとぎれなく倉庫が使われ続けるためにアートセンターにしたとのこと。
かまぼこ2
多くのパブリックアートが管理が行き届かず、放置状態にされていたり、作品としての鮮やかさが薄れていったりすること?に疑問を持っていたことと、
妻有の地域独特のかまぼこ型倉庫をモチーフにすることが組み合わせってできた作品。

アートセンター化のために
小池芽英子
 深澤孝史
 寺澤伸彦
 山本麻世
の4組の作家が選ばれて最初の合宿というながれ。

午前中に到着し、新井さんの運転で越後妻有の作品鑑賞ツアーへ出発。全域に渡っていろいろ見ました。
えちごつまりは2006年のトリエンナーレに行ってから2度目

光の館、夢の家 タヒミックの展示
うぶすなの家では、やまちごっつぉ定食をたべました。
2hirumeshi.jpg

ポチョムキンやボルタンスキーの最後の教室を見に行く。
8.2ポチョムキン
8.2さいご


2006年の大地の芸術祭をまわったときに
一番衝撃を受けた展示。
そのインスタレーションが2006年からずっとあるのもすごい。
あの熱気と不穏感はかわらずと思いきや、階段に新たにエアコンが設置されていた。。。

その後ホームステイ先の方々に説明会と全体の顔合わせ

僕と寺澤さんは高橋さんという方の家に泊まらせて頂くことに。
温泉にもつれていってもらう。

夜に蛍をみたことがないといったらみせてくれた。
車のウインカーをカチカチさせて疑似蛍をつくり蛍をよびよせていた
惑わせていけないというけど、といいながら
みるみる集まる。


おふjpg

晩ご飯はごちそうでした。

お麩でつくった豚ばらみたいな料理
枝豆にしきりに感動していました。
気付いたら爆睡していました。

たまたま高橋さんの妹さんが障害をもっていて、近くの授産施設に通っているらしい。



« 8/3かまぼこアートセンター合宿 2日目|Top|7/31 うんこふみふみたかふみ文化センター オープニングパーティー »

コメント

qqovn

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fufumi.blog41.fc2.com/tb.php/251-483abb30

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。