深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8.30根洗学園ws どうぶつずかん

根洗学園のワークショップ 本日は年長、みどりグループ

はじまる数分前に決めたタイトル
どうぶつずかん

ねあらいのwsでは、こどもの絵を通して先生やまわりの大人が
こどもと同等になにかしら表現しつつ、それをもって子どもとコミュニケーションを図る、という場をつくっていて、
どうぶつずかんは、さしえほんより簡単で、原稿画用紙より共同で自然な形を目指してみた。

やりかたは
1 どうぶつずかんをつくると宣言する
2 こどもはどうぶつをかく、もしくは好きな絵をかく
3 できた子どもの絵にまわりの大人が別の描画材を手にして、ほんの少し手を加えて動物を完成させる
4 名前をつける

先生たち今回も悩むかなーと思いましたが、どんどん笑える動物ができました。

あたまくろうし
あんぱんきんじゅう
いろいろねずみ
リー全凧
達筆かぶとむし

うんこふみふみに遊びにきていた白畑家の双子のみーちゃん
と絵をかいていたときに思いついたのと、

導入編のようなプログラムがいいなあと考えていて、
それで、僕のまわりの大人たちが、こどもと一緒に絵を描くとき、けっこうポンポン子どもの絵に描きたしたりしていて、僕もよくやるけど。
なんとなく描きたしちゃうとへぼくなることが多いので、

それなら真剣に描きたすプログラムにしようと思って今回はやってみました。

今回はまわりの大人がほんとにかなり真剣にこどもの絵を見まくって、
ほんのり必要な部分だけ描きたすというアダルトチック?な仕事でした。
時間が短いのと、子どもらがどんどん絵を描いて増やすのもさくっと描きたせた要因かしら。

そんな感じでした。

« 9.4 うんこふみふみたかふみ文化センター 子どもらと遊ぶ|Top|8.29 うんこふみふみたかふみ文化センター臨時開館 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fufumi.blog41.fc2.com/tb.php/261-b55f471e

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。