深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10.22 札幌ー富士

札幌国際芸術祭2014の「とくいの銀行 札幌」というプロジェクトが一応一段落しました、という報告?の文であります。
メモ帖に書いたら書いたでアホみたいに長くなったので、それはそのまま自分のメモにすることにします。
今回も本当に沢山の人にお世話になりながら、お世話もしながら笑
なんとか形に?なったと思います。
札幌支店は、いくつか「参加」の入り口を用意したつもりで、僕の耳に入る限りでは笑、複雑な設定のわりに概ね好評でよかったです。
今回はほんとうに考えることがつきない機会を頂けて、それは今も続いていて、かかわったり、準備してきた全ての人に感謝申し上げます。ありがとうございます!
なので本当は、「概ね好評でよかったです」で、あーよかったなと思って安心して思考停止しているわけではないのですが。。。
でも、きっとこれだからいろいろやめられないのであろうな。。。
とりあえず何も手をつけてないけど・・・まとめの本をつくりたいと思いますー
いやはやこれからも、なにかとよろしくお願いします!

そしてそして、
11月7日からはじまる富士の山ビエンナーレに、谷竜一さんと共同制作という形で出展します。
谷君は今年はリサーチで札幌支店にきていたのですが、結局また演劇をつくってもらいまして、「札幌国際芸術祭2159」という竜子のための演劇作品なのですが、演劇当日、肝心のひきだした竜子は課題がおわらないといってこないは、家出してなぜか銀行の入り口でスープをつくりだす人もいるはで、ドキドキのイベントだったのですが、あいかわらず、僕としては本当にいい演劇で、たまねぎ音頭を郷土記念館で踊ることもできたし、カモと馬も結婚できたし、なにより、これから芸術祭終わるっていうのにさいごに72日間がんばるぞー!って叫ぶし、本人は2度やればなんでも感動するっていうけど、さすがにこれはかなりキレてる演出ですごいよかったのですが、僕自身も2回目の司会進行で異様にうまくなっててそれに個人的にはどんびきしたというか、それ自体も山口と札幌のメタファーになってんなーとか思ったり。。。

とかなり脱線しましたが、その続編というわけではまったくないのですが
「庵原市国際芸術祭2014」
というタイトルの作品?を共同制作します。
今回はスマートフォンアプリを開発して、プロジェクトを実現させようとしていて、そのプログラマーにプリオリスさんに協力をしてもらっております。http://www.prioris.org/about/
プリオリスさんは、札幌支店のコンピューター永井君が一目置く、大学生と高校生のユニットでこの前打ち合わせをしたのですが、普通に天才でした。(デジタルネイティブってすごい)
高校生が受験ということで、スマホアプリになるのは会期に間に合わなそうですが笑
ブラウザ上では動くとのことなので、しくみ自体は7日には間に合うのではないかという試算です。。。間に合わなかったらごめんなさい。
架空の都市でおこなう国際芸術祭に是非参加してみてください。
詳しい情報は近日公開〜
http://fujinoyama-biennale.com

« 越後妻有民俗泊物館の準備|Top|TOKUINOBANK SAPPORO »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fufumi.blog41.fc2.com/tb.php/355-2653e493

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。