深澤孝史の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとみのめんたまは月でできている

鈴木一郎太さんの講座に遊びにいきました。

最初は礼儀正しい子どもも15分くらいでもう本性がでてきます。

ていうか僕は子どもと遊ぶとだいたい最終的に対等以下に見られる傾向があります。

僕も子どもを対等以下に見ているところがあるからまあイーブンだな。

対等以下同士って伝わってないようで伝わってるようでって感じですね。

あとで写真をみせてもらったら、絵の具をとばしたヒトミの後始末をするのが面倒になってきたので、
ヒトミにやはりやらせようと思って、僕がヒトミを両手を操作して床をふいている写真がありました。
それがとってもなんかいやらしく写っていて、
僕はバルテュスみたいだなあと思いました。
僕が美術方面にいこっかな~なんて思ったきっかけの半分はバルテュスだったので、
なんだか懐かしくなりました。
バルテュス好きが子どもとワークショップするなんて、天職かもしれませんね。


バルテュスになりきって子どもワークショップ・・・
なんて描くとどんどん勘違い?されそうですね。
まあいいですが、

そのあとなんやかんやあって、

夜はいちろうたさんと飲みました。

なんだか面白い話をしました。


ではさようなら。

« 空想力学的さんぽ図鑑をみる。|Top|大きいものをつくる »

コメント

バルテュスって初耳。
まだまだ知らないことだらけだ。
こどもは正直でいいよね~。
対等以下に見あう関係が笑えます(笑)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fufumi.blog41.fc2.com/tb.php/37-73b78fe1

Top

HOME

深澤孝史 

Author:深澤孝史 
美術家です。
いろいろやります。
fumithus(@)yahoo.co.jp

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。